FC2ブログ
2013年11月12日 (火) | Edit |
平成25年11月3日、10日(日)
 ヒコバエ米(二番穂)が全面に育ちました。
別に育てているわけではありませんが、勝手に育ってしまったのでどうしようも有りません。知らない人はこの田圃を見て首をかしげています。随分と稲刈りが遅い田圃だと思うでしょうか。中には不思議そうに尋ねる方もいます。稲が多年草なことはあまり知られていないですからね。根が生きていれば何度でも生えてきますから、収量や雑草の処理などの手間を考えなければ、耕したり田植えしたりしないで、肥料を上げて稲刈りだけしていれば何度でも収穫出来るのでしょうね。農業としては上手くいかないと思いますが。
 写真では畦の草は枯れて自然消滅するので何もする必要が無いようですが、そうでもありません。田圃に入って畦際をみると分かるのですが、畦から田圃の中に進出すべく着々と育っている草があるのです。そいつらを退治してきました。土水路の泥さらい、堰板の修繕等、いろいろあります。来年の稲作に向けた準備は今から始まっています。

s_R0016521.jpg
s_R0016522.jpg
s_R0016524.jpg
                                               
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可