FC2ブログ
2019年09月10日 (火) | Edit |
令和元年9月8日(日)

昨日持ち込んだ野呂町の米麦センターに乾燥を終えた籾を籾摺り機と色選別機にかけて玄米にして米袋に詰めてもらいました。籾袋で27袋だったお米は米袋21袋へと変身しました。つまり令和元年の収量は10俵半でした。昨年より1俵増えましたので、我が田圃では豊作だったと云えます。因みに1反当たりの収量は約8俵となります。上出来です。
私のレガシーは16袋=480kgの積載量に関わらず快適に走ってくれました。13年間重い米を運んでくれたスバル車に感謝です。

稲作最後の年が豊作で無事に終えることが出来て本当に良かったです。

s_IMG_1109.jpg
s_IMG_1113.jpg
スポンサーサイト